独孤伽羅 -皇后の願い-」は、中国の隋の文帝楊堅の皇后。

独孤伽羅 -皇后の願い-」は、中国の隋の文帝楊堅の皇后。

中国ドラマ「独孤伽羅〜皇后の願い〜」のあらすじ・ストーリー

政権交代が激しい乱世の南北朝時代、北周に忠義を尽くす武将独孤信が、「独孤天下」という予言を受ける。独孤信には3人の娘がおり、長女の独孤般若は予言を実現させるため皇后になるべく北周の皇室に嫁ぐが、その座を掴んだのもつかの間、難産の為亡くなってしまう。

次女の独孤曼陀は自分の母が庶民の出身であることに引け目を感じ、権力と金に執着し、一度は心を通じ合わせた楊堅とではなく、唐国公に嫁いでしまう。三女の独孤伽羅は賢く、独孤家を守る責任を負うことになり、政略結婚で楊堅と夫婦になる。はじめは互いに想いがない2人だったが、少しずつ気持ちを通わせ合い戦乱の世を生き抜いていく…。


独孤伽羅〜皇后の願い〜1話 戦いの予兆

南北朝時代末期はまさに乱世であった。534年北魏の孝武帝は、権臣の高歓を討とうとしたが、高歓の兵に洛陽近郊で制圧されてしまった。孝武帝は大将軍・宇文泰に頼るために長安へ向かう。その途中、孝武帝の兵たちが襲撃を受けるが、危機一髪のところを、独孤如願に助けられる。本当に危機一髪でした!

孝武帝がかくまわれた廟の中で占った予言が、[孤軍英雄 DVD]「帝星はいまだ明けず、独孤の天下となる」と出る。孝武帝は、自分の前途はまだ暗いが、独孤将軍の助けがあれば、天下を統一できると考えた。しし、孝武帝が、長安に都を遷すと、宇文家が権力を握ることになった。この予言がずっと尾を引くのですね!

557年、従兄の宇文護に擁立された宇文覚が北周を建てた。北周皇帝である宇文覚が、独孤家の狩り場にやってくる。そして、宇文護がますます傲慢になっているので、対抗するために、柱国大将軍・独孤信を自分の味方にひきいれようとしていたのだった。

般若は、宇文護と密かに愛し合っていた。宇文護が皇帝になり、般若が皇后になったときに身を捧げると約束をしていた。宇文護は、宇文覚が独孤信を丞相にして、宇文覚は強い味方を得ようとしていると般若に話す。般若の恋愛の仕方がすごい!はっきりしている!

般若は、父である独孤信が、丞相を引き受けようとしているのを、引き留めるのであった。そして、独孤信から、曼陀を楊堅に嫁がせようと考えていると告げられる[施琅(しろう)大将軍 DVD]。

一方、宇文護は、独孤信に、丞相の位を拒み中立を保てば、何物にも勝る地位を与えることを約束すると告げるのだったが、独孤信は、自分の立てた勲功は、すべて戦場で得たもので、抜擢など関係ないとはっきり断る。

name
email
url
comment