小池栄子・りょう・岡本玲主演「わたし旦那をシェアしてた」最終回 ネタバレ 視聴率

小池栄子・りょう・岡本玲のシンママが遺産をめぐるドラマ“旦シェア”もいよいよ最終回! わたし旦那をシェアしてた DVD指輪は誰のもの? 遺産はどうなる?文江(夏木マリ)は課題の答えに納得できるのか? 全裸監督 DVD最終回 ネタバレ茜(岡本玲)は、美保(渡辺真起子)に逮捕される。彼女は取調べで、恭平(平山浩行)が指輪を渡そうとしていた相手は晴美(小池栄子)だと証言する。恭平は茜に「一番心の強い女性に指輪を渡す」という言葉と「この指輪を受け取る人間は、一番不幸になる人間だ」という謎のメッセージを言い残していた。すいか DVD晴美、加奈子(りょう)、文江は美保から、茜の証言を聞く。指輪が自分のものになるにもかかわらず、戸惑う晴美。一方、加奈子は、晴美が指輪を受け取ることを認めない。晴美は文江(夏木マリ)から、“加奈子を納得させる”という最後の課題を与えられる。晴美は加奈子と話し合おうとするものの、拒絶されてしまう。悩む晴美は、拘置所にいる秀明(赤楚衛二)に会いに行く。「恭平から選ばれても、まったくうれしくない」と苦しい胸の内を秀明に明かす晴美。秀明は「恭平さんがどうして、あなたを選んだのかが分かる」と言い、さらに「それは、あなたにとってつらい現実かもしれない」と告げる。晴美は秀明の言葉を聞いて考えた末に、恭平がなぜ自分に指輪を渡すつもりだったのか、ある結論を導き出す。晴美は、恭平が殺された事件現場に加奈子を呼び出す。加奈子との“戦い”に決着をつけるつもりだった。対峙する晴美と加奈子。晴美は加奈子に、自分が“妻”として恭平に選ばれた理由を語る――。晴美は自分が恭平から“妻”に選ばれた理由を、つらい現実や起こることのすべてを受け入れられる人間だからだと加奈子に語る。晴美にとって、恭平に一番愛されていたという理由でないことは、つらい現実だったが、彼女は受け入れようとしていた。そして加奈子は、晴美が“恭平に選ばれた妻”だと認める。晴美と加奈子は、3憶円を慎吾(森優理斗)の治療に使わせてほしいと頼む。文江は「納得できない!」と激高。晴美は、恭平が母のことをよく分かっているからこそ、何も相談しなかったのだと文江を諭す。それでも文江は、恭平の思いを理解できない。文江は美保に諭され、茜と面会する。茜は、慎吾に心臓移植手術を受けさせてほしいと懇願するが、文江はそれを拒絶する…。晴美、加奈子、美保は、どうしたら文江を納得させられるかと話し合う。晴美は、恭平の葬式をしようと提案。恭平の葬式当日。晴美は沙紀(平澤宏々路)と慎香(池谷美音)を、加奈子は透(牧純矢)を連れて喪主として出席。茜は拘置所で、弁護士の端末に映し出された葬式の様子を見守っていた。そこに文江が駆けつける。晴美と加奈子は、文江に恭平との別れを促す。それが、晴美たちから文江に対する“課題”だった。文江は出席者の前で息子への思いを語り、恭平との別れを受け入れる。その後、文江は、手術を受けることになった慎吾をアメリカへ連れて行く。数か月後。慎吾は元気になり、茜も戻ってくる。晴美、加奈子、文江、子供たち…恭平を通じて出会った家族が、シングシングハウスに集う。さらに、自分の息子を連れた美保が、住人として加わる。なんと彼女も、シングルマザーだったのだ!シングルマザーたちは、恭平の作ったシェアハウスで助け合いながら生きていく――。

name
email
url
comment